下半身痩せの方法

下半身太り

沢山の女性たちは下半身痩せをかんがえているみたいです。
ダイエットをしている人はとくに下半身を痩せさせたいとかんがえている人が多いのです。
女性が下半身太りしやすい原因としては、レセプターと言う脂肪を貯蔵しておくものが、体の下半身に多くあるからだと言われています。
レセプターと言うのは、脂肪を貯蔵したり放出したりするのをコントロールしている受容体のことです。
下半身には、脂肪を放出しているレセプター1個に対して脂肪を貯蔵しているレセプターが6個あるみたいです。
上半身の場合は逆になります。
その為下半身は上半身よりも6倍脂肪を貯めこみやすいことになります。

 

もう1つ女性の下半身太りのファクターとして挙げられるのが「セルライト」です。
セルライトは、お尻の回りや太ももにある皮下脂肪の機構が脂肪や水分や老廃物をスポンジのように吸いこんで貯めこむことで肥大する状態です。
セルライトはほぼ脂肪からできています。
一般の脂肪機構とは違って、駄目ージを受けた脂肪細胞機構だと言われています。
セルライトは、痩せている人にでもあって、場所は皮膚のすぐ下にあります。
女性の場合下半身に皮下脂肪がつきやすいため、セルライトも下半身に多くなり下半身太りになりやすいのです。

 

セルライトはお菓子や甘いものを過剰摂取したり、過当の飲酒をしたり、食生活が乱れることで蓄積されていきます。
味の濃いものや加工食品ばかり食べていても栄養のバランスが崩れて機構内に水分が停滞してしまうのです。
悪い姿勢をしていたり、正座や脚を組んでいたりして動脈やリンパを圧迫して下半身に水分が停滞することもあります。
他にも便秘や喫煙やカフェインを過剰摂取してもセルライトを引き起こすことになると言われています。
その為下半身痩せの方法のひとつとして、生活改良をすることが大前提となります。
具体的な下半身痩せの方法を実践する前に最初は生活のなかでできることから始めていく必要があります。

 
 

 
無料HPスペース
+ accespace.jp +